元気に生きようシニアの生活ブログ

*

ANAマイルが貯まる?「ふるさと納税」/ANAとJALを比較してみた

      2017/01/23

ANAのふるさと納税でマイルが貯まる!

最近知りました、、、。

よく調べたら、ANAだけでなく

JALもふるさと納税を応援する

「故郷へ帰ろうクーポン」を

やっていました。

はじめに

2016年12月に、AirDo(ANAと共同運行)で

北海道に行きました。

羽田空港のラウンジで写真のような

パンフレットを見ました。

ANAのふるさと納税パンフレット

 

ANAのふるさと納税パンフレット

ふるさと納税という制度は知っていましたが、

ANAが、そのサイトをやっているとは

知りませんでした。

しかも、ふるさと納税で、100円で1マイル

貯まると書いてあるので、クレジットカード利用で

貯まるマイルと同等です。

ふるさと納税の寄付金をカードで支払えば、

ダブルでマイルが貯まることになります。

さらに、ちょっと調べてみると、ANAだけでなく

JALもふるさと納税を応援していることも

わかりました。

そこで、少し詳しく調べてみることにしました。

スポンサーリンク

ANAのふるさと納税とマイルの仕組み

「ANAのふるさと納税」は日本各地の自治体を

ふるさと納税で応援する仕組みです。

ANAのサイトを通じて、応援する自治体に

寄付をして、その返礼品を受け取ります。

寄付金額を確定申告すると税金が控除されますが、

それに加えて、寄付金の100円に対して、

1マイルがANAからプレゼントされるものです。

もちろん、ANAマイレージクラブ会員であることが

条件となります。

ANAふるさと納税のマイルはお得か

ANAの場合、寄付した結果、地方の特産品や

様々な特徴あるプレゼントをもらって、減税し、

さらに寄付金100円に対して1マイルが得られます。

クレジットカードで寄付ができるので、例えば

ANAカードを用いれば、そこでさらに100円で

1マイルが付与されます。

結局、最大、寄付100円で2マイル、それに返礼品と

減税効果(これは人によるが)を考えると、

かなりお得ではないでしょうか。

 


ANAのふるさと納税の簡単な説明映像


スポンサーリンク

ふるさと納税の具体的手順

ふるさと納税の流れは、通常の「ふるさと納税」と、

「ふるさと納税ワンストップ特例」の場合では

異なっています。

特例の場合は、簡単化されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ふるさと納税の通常の流れ

(ステップ1) 応援する(寄附する)自治体と返礼品を選ぶ
  • 寄附した金額のうち2,000円をこえる金額について所得税と住民税から控除

参考までに控除額の目安はこちらです

(ステップ2)寄附を申し込む
  • 自治体から確定申告に必要な寄附の証明書類(受領証)が届く
(3)寄附した翌年の3月15日までに確定申告

確定申告後、寄附をした年の所得税から、

状況に応じた金額が控除されます。

(その人の状況によっては還付される場合も)

また翌年度分の住民税も減額される形で

住民税に対しても控除されます。

ふるさと納税ワンストップ特例の場合

ふるさと納税ワンストップ特例は、

確定申告不要な普通のサラリーマンなどが

簡単に手続きが行えるものです。

ふるさと納税をする自治体の数が

年間5つまでの方に限り申請できます。

(ステップ1)応援する(寄附する)自治体と返礼品を選ぶ
(ステップ2)寄附を申し込む

寄付を申し込む際に、「寄附金税額控除に関わる申告特例申請書を希望する」にチェックを入れることを忘れないでください。

この場合は、確定申告を行わなくても、

寄附をした翌年度、住民税が、

個人の状況に応じて控除されます。

ANAふるさと納税で寄付を受付中の自治体

現在の寄付受付中の自治体は、

北海道から九州、沖縄まで、64市町村です。

現在拡大中ということです。

返礼品としてもらえる特産品から

自治体を探すこともできます。

 

JALの「ふるさと納税」応援

JALの場合もふるさと納税を応援していますが、

JALの場合は、マイルがもらえるわけではなく、

寄附先自治体へ行ける航空券購入クーポン

ALふるさとへ帰ろうクーポン)

などが返礼品としてもらえます。

これらはふるさと納税のサイトである

ふるぽ」で調べることができます。

クーポンの有効期間は1年ということです。

ANAとJALの比較

ANAの場合とJALの場合は、考え方が

かなり異なります。

ANAは故郷の独自の特産品を扱いつつ、

マイルを付与する形で応援します。

JALは、故郷へ帰ろうクーポンということで、

その地方の出身者、または旅行者が、地方を

訪問する際の航空券の支払いの一部に

使えるクーポンを提供するものです。

航空券購入にすぐに使えるクーポンは

なかなか魅力的ですが、このクーポンは

適用できる自治体が少ないです。

(2017年1月現在)

東北
– 秋田県秋田市
中部
– 石川県志賀町
近畿
– 兵庫県豊岡市
– 和歌山県白浜町
中国
– 広島県三原市
九州・沖縄
– 鹿児島県大崎町
– 鹿児島県屋久島町
– 鹿児島県中種子町
– 鹿児島県奄美市
– 沖縄県宮古島市

今後、JALも同じようにマイルを付与する

応援をするのか不明ですが、ふるさと納税の

応援を充実させてくることが期待されます。

詳しくはJALのサイトこちらを。

まとめ

ANAもJALもふるさと納税を応援しています。

ANAの方が独自に「ふるさと納税」サイトを

準備して、マイルを付与するという積極的な

取り組みが目立ちます。

今後、新たな楽しみが増えました。

 

元気シニア

 

 - マイル, 旅行, 日常生活 体験, 税金