元気に生きようシニアの生活ブログ

*

シニアの晩酌日記 | 雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)山廃純米と純米吟醸 比較

      2018/05/02

 

 

 

雪の茅舎 山廃純米

 

雪の茅舎 純米吟醸

 

同じ蔵元から出ている、秋田のお酒、2種類を

比較して楽しみました。

私、個人的には、この蔵元さんは晩酌に最適の

お酒を作っていると思います。

はじめに

晩酌とは、食事を美味しくいただくために、

お酒でまず喉を潤し心をリラックスさせる

一つの作法のようなものではないでしょうか。

決してお酒をグイグイ飲むものではない。

お腹いっぱい食べるわけでもなく。

旨いお酒も、旨い肴も、ともに活かすもの。

今宵は秋田の「雪の茅舎」のお酒2種類です。

いつもの駅前のストアで、ネットで評判で品薄の

雪の茅舎をたくさん置いてあったので、思わず

2本を買ってしまいました。

飲み比べてみたので、感想を書きます。

 

 雪の茅舎の酒蔵

雪の茅舎は、秋田県の齋彌酒造店が製造しています。

雪解け水が湧き出し自然の水源に恵まれた

土地で、酒造に適した『秋田酒こまち』を

主原料として酒造りが行われています。

全国新酒鑑評会では、平成に入って

13回の金賞を受賞し、有名になってきました。

精米度合いが45%の純米大吟醸、大吟醸、

55%の山廃純米吟醸、純米吟醸、

65%の山廃純米などがあります。

今回試したのは、その中で、庶民が

いつもの晩酌で飲めるクラスの酒として、

純米吟醸、山廃純米を選びました。

全体評価

味、香り、色

純米吟醸は、山田錦20%、秋田酒こまち80%で

造られています。

キレがありますが、上品です。

同時に、少しの酸味(かすかな苦味)と

甘みと、お米の旨味がします。

純米吟醸の裏のラベル

山廃純米は キレすぎない、のがいい。

キレすぎず、甘すぎず、濃すぎず、薄すぎず、

毎日飲める飽きのこない、でもスッキリした

米の味をじっくりと静かに感じながら飲めます。

よく、バランスがいいという評価があるけれども、

バランスというのも、定義が難しいです。

平均値としてどこかに落ち着くとしても、

突出した特徴がなくなってしまうのが普通。

この山廃純米は、ゆっくりと造られたお酒ですが、

お酒だけ飲んでも、いくらでも飽きがこないで飲めます。

料理に対して脇役になって、食事を邪魔しない味です。

 

山廃純米のラベル

 

両者ともに、色は淡い琥珀色に見えます。

 

雪の茅舎 山廃純米

 

雪の茅舎 純米吟醸

 

合う料理、酒の肴

純米吟醸は、お酒の味が、キレと芳醇さを

併せ持つので、日本料理で、淡白な味付けを、

少しだけいただきながら、お酒を楽しみたいです。

「板わさ」くらいが個人的には良いと思います。

意外と合うのが、韓国のりです。

韓国のりをつまみに、純米吟醸を飲むのは、

至福の時ですね。

コストパフォーマンスは最高クラス

720mlで山廃純米は、約1,200円、純米吟醸は1,600円でした。

その他の感想

晩酌には向かないけれども、雪の茅舎の

純米大吟醸は一度味わってみたいものです。

ホームページには720ml 3,456円と書いて

あるので、普段は買えません。

 

おすすめ度

おすすめ度は10点(10点満点中)

12月から3月までの季節ものです。

興味ある方は こちら → 雪の茅舎 純米吟醸

まとめ

「雪の茅舎」純米吟醸

「雪の茅舎」山廃純米

私としては、2017年の初期の1番に

推薦したいです。

晩酌のお酒として、味のバランスを保ちつつ

上品なキレがあり、飽きのこない酒、

コストパフォーマンスも最高です。

ぜひ楽しんでください。

元気シニア

<ご注意> ここでの評価は、日常の晩酌で飲むことを前提に、あくまでも個人の味覚、感想をもとにしております。また、お酒は生ものですから、同じ作り手の同じ種類のお酒でも、その年、飲む環境、飲む季節によっても変化します。あくまでも、参考として、ご理解ください。

興味ある方は こちら → 雪の茅舎 純米吟醸

おまけ

今度、娘の旦那が遊びに来るので、日本酒とワインを

準備して楽しみにしています。

雪の茅舎は、彼も大好きなので、準備する予定。

2本準備するとして、彼も何か持ってくるので、

3本くらいは日本酒を飲みそうです。

二晩で飲むので、飲みすぎかも。

以前は飲みすぎで二日酔いとかあったけれど、

最近はそういうことがないので少し安心です。

歳をとって強くなったのでしょうか?

秘密は、ウコンではなく肝臓エキスですね。

ポケットにはいる形なので、外出先でも便利です。

ちょっとした工夫で、楽しくお酒が飲めます。

ではお酒を楽しんでください。

肝臓エキス

 

 - Daily Sake at Home, Enjoying Sake, Japanese Rice Wine Tasting, 日常生活 体験, 日本酒, 晩酌