元気に生きようシニアの生活ブログ

*

スマートEX | 良い点 | 使いにくい点 | 要注意ポイント | 関東圏に住むファミリーの視点

      2018/06/20

スマートEXに加入しました。

嬉しい点もありますが、関東圏に

住む普通の家族には使いにくい点も。

はじめに

姪の結婚式が大阪であるので、日帰りで

妻と2名で大阪に行くことになりました。

今までは東海道新幹線は、金券屋で回数券を

購入し、みどりの窓口で指定席を予約する

と言うパターンで購入してました。

今回はかなり前に日程がわかっていたので、

JR東海、JR西日本で使える、スマートEX

登録して、ネットで予約してみました。

JR東日本の”えきねっと”とは異なる

割引があったり、関東に住む人には

使い方で不便がありそうだったり、

いろいろ体験しました。

気になった要注意ポイントをまとめます。

スマートEXの特徴

年会費無料で使える東海道/山陽新幹線の

ネット予約サービスです。

スマートフォンやパソコンから登録し、

支払いのクレジットカードと自分の使う

交通系ICカードを登録すれば利用可能です。

非常に簡単に登録できました。

ICカードは使わない場合は登録は不要です。

むしろ、家族で購入する場合は、普通の

印字されたチケットの方が良い場合も、

多いと思います。なぜなら、交通系ICカードは、

カード1枚につき1人分のチケットしか

対応できないので、家族が各自、ICカードを

使って購入する必要があり、面倒です。

実際に予約/購入してみた

スマートEXに加入して、早速、

2018年7月の日曜日に大阪駅近くで

開かれる結婚式に出席するために、

新横浜から新大阪までの往復新幹線

チケットを予約して購入しました。

割引のチケットを探す

乗車日、時間帯、または列車番号を入れると

予約可能な列車とチケットが表示されます。

その中に、利用できる割引のチケットも

すべて表示されているので、クリックして

割引チケットの予約購入ができます。

予約画面の例はこんな感じです。

スマートEX予約画面

 

せっかく早めに予定が決まっているので、

チケットの割引率を気にしながら比較して

予約してみます。

スマートEXで最も割引の大きいチケットが

「EX早特21」です。

21日前までの予約で、東京〜新大阪の場合、

割引▲3,450円です。

発売時期の条件は、1ヵ月前(10:00)から

21日前(23:30)までとなています。

ただし乗車駅の制限があり、朝6時台、および

昼11時~15時台に出発する直通の「のぞみ」で

普通車指定席が対象。

人数は1名から6名なのですが、子供用の

設定は残念ながらありません。

今回の購入では、ラッキーなことに、

「EX早特21」割引対象の列車が選べ、

空席もあったので安く予約できました。

細かな条件もあるので、EX早特のページ

確かめてください。

「EX早特21」の対象となる列車でも、

席数限定があるので、早い者勝ちです。

新大阪からの帰りのチケットは、時間帯が

夜なので、割引が受けられるチケットして、

「EXのぞみファミリー早特」

が表示され、それで予約しました。

この早特は乗車日の3日前までの予約で、

のぞみの普通/グリーンに限り、

大人と子供を含め、2名以上6名まで。

家族に最適のチケットになります。

結局、スマートEXで、新横浜~新大阪区間で

2名分で行きは21,800円、帰りは24,020円で

予約購入できました。

チケットの受け取り

チケットの受け取りは乗車前に行う

必要があります。

元気シニアは横浜市内なのですが、

横浜駅にはJR東海の窓口はありません。

結局、品川駅、新横浜駅、小田原駅などの

新幹線チケット売り場に出かけないと

いけないようです。

職場が近いとか、通勤の途中にあれば

いいのですが、関東圏に住むシニア家族には

一般には少し不便かもしれません。

スマートEXの予約チケット受け取りしてみたら

元気シニアの場合、近くで用事があったので

新横浜で受け取りました。

JR東海の改札入り口付近に、発券機が

設置されています。

JR東海の発券機

 

予約チケットの受け取りを選択して、登録した

クレジットカードを入れると、パスワードを

入力するように指示されます。

そのパスワードはスマートEXのサービスの

パスワードで4桁から8桁と指示されます。

スマートEXのサービスのパスワードは、もっと長い桁数のパスワードに設定していたので、また別のパスワードを入れるのか?とびっくりしてしまいました。

パスワードの入力画面

 

JR東海の入り口の係員の方に質問すると、

長いパスワードの場合は、最初の8桁を

入れればいいですということでした。

発券機の指示は、とても紛らわしい指示なので

迷う人が大勢いるのではないでしょうか?

パスワード入力画面も極めて使いにくいものでした。

入力画面が使いにくいので、この発券機を使うのはやめて、近くにあるJR東海トラベルの発券窓口でクレジットカードを見せて発券してもらいました。

この場合は、人が対応してくれて、面倒なパスワード入力もなく、すぐ発券できました。

スマートEXの良い点

いろいろな早特チケット

早めに予約して割引になる”早特商品”が

いろいろ準備されています。

スマートEXでの予約は非常に簡単で

わかりやすいので、様々な割引を楽しめる。

特に週末の家族旅行に使えるのが、

「EXのぞみファミリー早特」ですね。

この早特はファミリー向けで、3日前までの

予約で、土休日の「のぞみ」の普通車指定席と

グリーン車を割引で利用できます。

2名以上で6名まで利用でき、こども用の設定も

あるので、週末の家族旅行などに嬉しい

なお、JR東日本の同じようなサービスに

『えきねっと』がありますが、スマートEX

の割引の方が、いろいろなパターンがあって、

より使いやすい気がします。

交通系ICカードで乗車可能

10種類の交通系ICカードから自分の使う

カードを選んで、登録しておくと、そのまま

改札機にタッチして乗車できます。

以下の、10種類の交通系ICカードが対象:

Kitaca、PASMO、Suica、manic、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA

個人で出張などの際にはカードが便利です。

直前まで予約変更もできます。

不便と感じた点

切符の受け取り場所が関東では限られている

特にファミリーで予約して出かける場合、

交通系ICカードではなく、切符が便利です。

でも、関東圏に住む人にとっては、切符の

受け取り可能な駅は限られた場所しかない。

例えば横浜周辺で受け取れる駅は、新横浜、

小田原などとても限られています。

気をつけないといけない点

チケット受け取り

予約したチケットを発券機から受け取る際に、

クレジットカードを入れるとスマートEXの

サービスパスワードが要求されます。

クレジットカードの暗証番号ではありません。

乗車券は新幹線の駅から駅まで

乗車券・特急券が一体となった東海道・山陽

新幹線専用チケットなので、乗車区間はJR東海、

またはJR西日本の新幹線の駅間です。

「 東京都区内」「横浜市内」といったいわゆる

「特定都区市内制度」は適用されません。

つまり市内のJR駅からの乗車券は含まれていない。

新幹線の駅とJRの駅との間は別途乗車料金が発生。

乗車駅、降車駅によっては割高になる場合もある

ので、注意が必要です。

まとめ

スマートEXサービスは、割引のパターンが豊富で

予約もわかりやすく使い易いサービスです。

でも関東圏に住むファミリーの場合、チケットの

受け取りに不便な面があります。

また、例えば通常のチケットでは東京都区内とか

横浜市内とか、広域のJRの乗車分が含まれて

いますが、スマートEXのチケットでは、新幹線の

駅の間しか乗車券に含まれていないので要注意です。

いろいろありましたが、姪の結婚式のための

新幹線往復、割引価格で無事に移動できました。

なお、伊丹空港を使う飛行機の往復についても

比較して検討しました。

金額的には飛行機が少し安いのですが、遅延とか

いろいろなリスクも考えて、新幹線にしました。

元気シニア

スポンサーリンク

 - 家族旅行, 旅行