元気に生きようシニアの生活ブログ

*

サンディエゴへのフライト 選び方/サンフランシスコ経由/ロス経由/直行便

      2018/05/29

仕事の関係で、サンディエゴへは

15回以上、訪問しています。

今までの経験で、サンディエゴまでの

フライト、行き方を選ぶポイントを

まとめてみます。

最新の情報は関連記事もご参考に。

はじめに

サンディエゴは、メキシコ国境に近い

カリフォルニア州の南端の町です。

カリフルニア州で2番目、全米でも

7番目の大きな都市で、風光明媚で、

お金持ちの多く住む大都会です。

海流の関係で気候は涼しく、

全体的にはとても過ごしやすい気候。

ゴルフ場もたくさんあります。

日本から行くには直行便と経由便があり

それぞれ注意点があるので、経験を

まとめておきます。

参考になれば、幸いです。

最新情報は関連記事を参照ください。

 

サンディエゴ空港は市内にあり、

ダウンタウンからも約5km、

車で10分程度と非常に近く便利です。

直行便

JALが直行フライトを飛ばしています。

毎日就航しています。

成田発で夕方17時頃に出発して同日の

午前10時45分サンディエゴに到着。

9時間40分のフライトです。

帰国は、サンディエゴ発12:50分発で

成田には翌日の16時50分ごろ到着です。

帰りは12時間のフライトになります。

ポイント

他の都市を経由するフライトに比べて、

圧倒的に疲れは少ないです。

ツアーでサンディエゴ周辺を楽しむ方、

またはレンタカーで南カリフォルニアを

ロサンゼルスを含めて楽しむ方には、

サンディエゴ直行便はとてもいい選択。

入国審査も、ロスで入国すると長い列です。

が、直行便でサンディエゴで入国する場合は、

それほど混むことはありません。

ちなみに、サンディエゴからロサンゼルス

市内までは、車で2時間30分の距離です。

 

JALパックでサンディエゴ特集しています。
JALパックサンディエゴ大特集

ロサンゼルス経由便

ロサンゼルスで入国し、乗り継いで

サンディエゴに到着します。

私は、ロサンゼルスに用事がある場合が

多かったので、この経由便のパターンを

何度も利用しました。

ポイント

レンタカーを使わない人が、ロサンゼルス

周辺とサンディエゴを観光する場合にも

この選択肢が適しています。

ただし乗り継ぎは小型のプロペラ機です。

ロスの空港LAXから45分程度の短い飛行ですが。

席の配置が2列、1列の、小さなプロペラ機なので

もし揺れるプロペラ機が怖い人には

お勧めはできません。

ロスからサンディエゴへのUAの路線は、

基本すべてジェット機になりました。(2018.5確認)

最新の関連記事を参照ください。

日本からの直行フライトと比べると、

乗り継ぎの時間を加えて、3時間程度は

長いフライトになります。

スポンサーリンク

サンフランシスコ経由便

ロサンゼルス(LAX)で米国に入国する場合は

時間帯によって入国審査が長い行列です。

LAXは中南米の国から到着するフライトが

多く、入国審査に時間がかかることがあります。

それが嫌で、一時期サンフランシスコ経由を

よく使うこともありました。

今は改善されて、それほど違いはないと思います。

 

ポイント

シリコンバレーにも立ち寄りたい場合、

サンフランシスコ経由とせざるをえません。

サンノゼ空港もシリコンバレーには近いですが、

サンディエゴ空港との間で使い易いフライトが

ありません。

サンフランシスコ経由の場合、フライトに

よっては、乗り継ぎ便の待ち時間が

長い場合があるのでスケジュールの

チェックが必要です。

日本からのサンディエゴ直行フライトと

比べると乗り継ぎの時間を加えて、

4時間程度は長いフライトになります。

悪天候

冬の場合は特に、サンフランシスコ

周辺の悪天候に要注意です。

帰りの便が欠航になるという事態に

かなりの回数遭遇しました。

帰りのスケジュールに余裕のない人には、

ロス経由の方が安全です。

ロサンジェルス経由であれば、悪天候は

比較的少なく、最悪の場合でも車で

ロサンゼルスに行くことも可能です。

スポンサーリンク

空港ターミナルについて

直行便、サンフランシスコ、ロスの経由便とも

ターミナル2の発着となります。

以前、ロサンゼルス経由のフライトは

2015年の5月までは、空港のメインビルから

少し離れた、コミューター用のターミナルを

利用していましたが、現在はターミナル2に

移動しました。

ロスとサンディエゴのユナイテッドの

フライトはUnited Expressの運行でしたが、

Terminal 2 Westに移動しました。

アメリカン航空のロスとのフライトは

American Eagleの運行でしたが、

Terminal 2 Eastに移動しました。

 

まとめ

 

サンディエゴ国際空港は、別名

リンドバーグ空港と呼ばれています。

彼が、大西洋単独横断飛行に成功した時

この地から出発したそうです。

そんなこともあり、サンディエゴは外に

開いた町という感じがします。

メキシコ国境まですぐ近くですが、

治安は良くて、QUALCOMなどの先端企業も

あるし、自然派の人も満足する動物園や

施設も揃っている観光の町でもあります。

また行ってみたいと思います。

このブログのトップ写真は、サンディエゴの

近くのラホヤ海岸の夕暮れです。


元気シニア

最後までお読みいただきありがとうございます。

テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

 

 - フライト, 一人旅, 旅行, 空港