元気に生きようシニアの生活ブログ

*

浮かぶターンテーブル/斬新なレコードプレーヤMAG-LEV Audio/気になるガジェット

      2016/12/31

デザインか、音質か、両方か?

(出典)Indiegogoのサイトから

 

はじめに

 

アナログレコード好きの、元気シニアも

びっくりしました。

これが室内にあったら、デザイン的にも

不思議な世界を感じるでしょう。

まるで無重力の世界にいるような。

音質も振動が伝わらないので、きっと良いはず。

Indiegogoのサイトで紹介されている

MAG-LEV Audioは、どんな仕組みで

どんな機能が組み込まれているのでしょうか。

デザインコンセプト

空中に浮遊して回転するターンテーブル

MAG-LEV Audioはターンテーブルが

磁気の力で空中に浮遊して

レコード盤を乗せて回転します。

基本はそれだけのコンセプトです。

映像を見てください。

(出典)Indiegogoのサイトから

スポンサーリンク

これは、単にデザイン的な効果だけでなく、

浮遊させることで音質の改善効果を狙っています。

音質の改善はなぜ可能か

アナログレコードが好きな人は多いと思います。

私、元気シニアも、アナログレコードの音が好きです。

高音が伸びていてなおかつ柔らかい音がします。

CDの音は固いです。

この理由の一つは、CDにデジタル化する際に

20kHz以上の高音領域はフィルターで切るのですが

アナログレコードでは、その領域が伸びているから。

ただし、レコードはレコード盤に掘られた溝を

機械的に再生するため、その過程で

様々な雑音が混入します。

私は、アナログレコードを再生するため

ベルトドライブのプレイヤーを使っていました。

ベルトドライブがいいのは、モーターの振動が

吸収されるからです。

同じ値段であれば、モーターの

ダイレクトドライブよりいい音がします。

磁気で浮遊するMAG-LEV Audioは、

駆動するモーターとの接触がないので

モーターという雑音源からは物理的には

切り離されます。

さらに、床面や建物の振動という

抑え難い雑音もかなり低減できます。

音響信号のピックアップ部分

音質を語る際に重要な、トーンアームや

カートリッジですが、定評のある部品を

使ってます。

トーンアームは、Pro-Ject 8.6を用いています。

カートリッジは、このアームに合う、

Ortofon OM 5E

を用いています。

 

ユニークな機能:

支柱

空中に浮遊するのは、磁気なので、

電源がオンになっている時だけです。

電源オフの際には、支柱で浮かせるように

なっています。

電源オフで支柱が出ます(出典:Indiegogoのサイトから)

スポンサーリンク

UPS(無停電電源)

このプレーヤーを使っている時に急に停電になった際に

浮遊しているターンテーブルが落下しないようにする

工夫が入っています。

支柱がターンテーブルを自動的に支えるまで、

しばらく電気を保持する仕組みが入っています。

その他

重さは8.8Kgとかなり重いですが、この重さが

いい音の源でもあります。

値段と注文方法

Kickstarterや、Indiegogoで予約を受け付けています。

Indiegogoでは予定の184%の人気となっています。

気になる値段は、約1,000ドル(USD)ですから、

12万円弱となります。(2016.12月時点)

出荷時期は2017年の10月以降となっています。

不安な点

現在公開されている情報では、詳細の仕様は、

不明な部分があります。

例えば、電源は日本で使えるのかどうか、

配達は無料とあるが、日本への配達はどうか、

など。

まとめ

浮遊するレコードプレーヤーは、原理的には

音質は最高になるはずですが、果たしてどうでしょうか?

音質の性能を含めて、不明な点も多いので、

ご自分で、サイトをよく見て、必要に応じて

問い合わせをして、ご自分の責任で発注をして

いただきたいと思います。

元気シニア

<参考>

日本で普通に手に入るレコードプレーヤーも

数万円で良いものがあります。

 

 

 - ガジェット, テクノロジー