元気に生きようシニアの生活ブログ

*

Amazon Robotics は正解 /AIは控えめにこんな仕事をしてほしい

      2016/12/29

 

人間は意味を理解できる仕事を、

AIはそれをサポートするように

働いて欲しい。

と言っても、現実にはまだ初歩的なこと

しか役に立っていないのが現状でしょう。

はじめに

東大を諦めた東ロボくんは正解です。

AIは意味を理解しようとする仕事には

向かないので、東大卒を必要とする

仕事には向きません。

他の人の仕事を助けるように動くのが

最も自然に社会に役立つ方法です。

現実には、非常に簡単なところに使うと

役に立つのです。

その一つの例が、Amazon  Roboticsの

倉庫用ロボットで、実際にアマゾンで

導入されています。

スポンサーリンク

アマゾン物流倉庫のロボティクス

アマゾンが導入しているのは、

商品を棚ごと、賢く運ぶロボットです。

ロボット掃除機ではルンバが有名ですが

それを大きくしたような自走式の

ロボットが商品棚を運びます。

このロボットは、作業員の人間が

商品を発送するパッケージを作るのに

便利なように、賢く動き回って、

いいタイミングでその作業員の前に現れます。

重さ300kg以上ある商品棚を

秒速1.7mで動かすというので、

かなりパワーがあります。

作業員の前にあるモニターに、

発送するべき商品が表示された時に

そのタイミングで、適切な棚が

作業員の前まで来るということです。

これによって、出荷作業の効率化は

相当なものでしょう。

作業員はほとんど動かなくてもいいので

楽になり時間も短縮ということです。

アメリカのアマゾンでは、

16箇所の物流倉庫で

4万5千台が既に稼働している!

 

Amazon Roboticsの導入風景(出典:http://www.rbbtoday.com/article/img/2016/12/06/147650/549699.html)

 

スポンサーリンク

アマゾンロボティクスの位置付け

このロボットは、ひたすら、

効率的に棚を移動させるという、

賢さを追求しています。

ロボット同士の衝突回避とか

最短経路探索などの機能も

入っているでしょう。

人間にはない、パワーもあります。

でも、意味を理解するような機能は

期待されていません。

これは役割分担で上手く行く

パターンであると思います。

まとめ

アマゾンロボティクスの活躍には

アマゾンの賢い企業買収のやり方も

見えてきます。

アメリカの物流システム開発会社であった

キバ・システムズを2012年に買収して、

その技術をもとにこのロボットを開発した

というのです。

 

元気シニア

 

 - インターネット