元気に生きようシニアの生活ブログ

*

シニアの晩酌日記 | 梵ゴールド | 無濾過純米大吟醸 | しっかりして柔らか

      2018/05/02

無濾過の日本酒の香りを楽しむのも

晩酌の一つの醍醐味ですね。

フレッシュな香り、甘みと旨みがあり

少し値段は高いけど、たまには飲みたい

そんなお酒、「梵」を紹介します。

はじめに

最初に”梵”を知ったのは、福井県出身の人から

紹介され、飲ませてもらった時です。

こんなにピュアーなお酒があるのかと

びっくりした記憶があります。

今回は、また久しぶりに、手に入りました。

晩酌で至福の味を楽しみましたので紹介します。

梵(ゴールド)とは

このお酒は、山田錦50%精米の純米大吟醸を、

生のままマイナス10度で1年間氷温熟成させ、

出荷の際に瓶で火入れをして、そのまま封じた

濾過をしていない、とてもピュアーな日本酒です。

 

 

ラベルも金色で、ガラスはほぼ透明

 

酒蔵

福井県は、美味しい地酒のあることで有名ですが、

梵は、鯖江市の加藤吉平商店が生産しています。

この酒蔵は、創業が万延元年(1860年)ということで、

かなりの老舗で、日本で最初に大吟醸を製品化

したことでも有名です。

現在は、第11代目の吉平(きちべえ)さんが

当主となります。

火入れのお酒ではありますが、搾ったそのままの

味と香りを楽しむには、冷蔵保存をお勧めします。

全体評価

味と香り、色

キレすぎず、柔らかい香りが立ち上がり、

優しくさわやかな存在感のある味です。

生酒の場合、アルコール分が16度から17度と

強い場合がありますが、梵の場合は、15度くらいで

柔らかい味の中にも凝縮された旨味があります。、

琥珀色のお酒です

スポンサーリンク

色は琥珀色、あえていうと黄金色でしょうか。

これは氷温熟成によるもので、酒本来の成分・

白いおりを沢山含んでいると言われています。

梵に興味ある人はこちら

合う酒の肴は

晩酌のお相手は、和食はもちろん、西洋料理、肉料理でも

ともに合わせることができます。

若干の甘み、酸味、苦味がある方が、より良く合います。

個人的には、ふきのとうの味噌和えとか、シメサバ、牡蠣、

カルビ焼きが好きです。

やはり味と香りを楽しむには、よく冷やして、

少し大き目のワイングラスで飲みたいものです。

梵のデータ

参考までに、原料米は兵庫県産契約栽培山田錦を

50%精米して使います。

日本酒度:+1 酸度:1.5 アルコール:15%

使用酵母:KATO9号(加藤吉平商店の酵母)

なお、2016年のロサンゼルス国際ワイン・

スピリッツコンペティションで金賞を受賞

ということでGOLDのデザインになっている模様。

NYをはじめとする海外の都市でも人気らしいです。

受賞を記念して瓶にラベルがかかっていました

スポンサーリンク

コスト・パフォーマンス

こんなに美味しくて、気になる値段ですが、

純米大吟醸 ゴールドGOLD 無濾過生貯蔵酒 720ml

ということで税込1,620円で売られています。

(送料は別)

このうまさで、この値段ですから、コスト・

パフォーマンスは”高い”と言えます。

毎日は飲めない価格ですが、時々は飲みたい、

飲むというよりは、味わいたい、お酒です。

 

父の日に美味しいお酒プレゼントはこちら

まとめ

とても優しい味の琥珀色の液体から

爽やかな香りが鼻に抜ける。

梵は素晴らしいピュアなお酒です。

美味しいお酒が飲みたいな、と思った時に、

時々味わいたい、そんなお酒ですね。

まずこの酒を楽しむために、肴もすべてを

あらかじめ準備して、その上で、

じっくりと楽しみたいそんなお酒です。

梵に興味ある人はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。

元気シニア

<ご注意> ここでの評価は、日常の晩酌で飲むことを前提に、あくまでも個人の味覚、感想をもとにしております。また、お酒は生ものですから、同じ作り手の同じ種類のお酒でも、その年、飲む環境、飲む季節によっても変化します。あくまでも、参考として、ご理解ください。

おまけ

梵の場合は、生酒ですがアルコール度数15%と

ちょうど良い度数でとても飲みやすいので、

一緒に楽しむ人がいるとつい飲み過ぎます。

梵から始まり他の酒に次々と移っていくのです。

若い頃は悪酔いしましたが、最近はシニアになり、

経験も深まり、悪酔いはしなくなりました。

娘の婿さんが来て一緒に飲むとなると、ちょっと

危ないので、事前に肝臓エキスやウコンの入った

サプルメントをいただきます。

おかげさまで二日酔いなしで楽しめます。

肝臓エキスを試してみたい方へ

 - Daily Sake at Home, Enjoying Sake, Japanese Rice Wine Tasting, 日常生活 体験, 日本酒, 晩酌