元気に生きようシニアの生活ブログ

*

晩酌日記 | キリッとしたひやおろし 久礼 | 秋に合う、辛口でうまい

      2017/10/07

春先に製造し、貯蔵して熟成させ、

夏場に出荷する「ひやおろし」ですが、

割と熟成した甘口が多い気がします。

高知の土佐町、四万十川源流で醸された

「辛口純米+10 久礼ひやおろし」は

超辛口で秋口に楽しめるお酒です。

はじめに

晩酌は、日本酒の旨味を味わい尽くすもの。

食前にちびちびとやるのもよし、

食べながら、ぐいぐい、行くのも良し。

酒の旨さを色々楽しみたいものです。

今回は、ひやおろしの、辛口です。

四万十川源流の洞窟で熟成させた、

「辛口純米+10  久礼ひやおろし 720ml」を

飲んでみました。

久礼:辛口純米+10ひやおろし

辛口純米、久礼

久礼は高知県最古の蔵元、西岡酒造が

醸すお酒です。

今回は、今年の3月に出来上がった新酒を

四万十川の源流域の洞窟で、6ヶ月貯蔵、

熟成させ、秋口に出荷する「ひやおろし」です。

蔵元は、高知県の漁師町、カツオの揚がる

中土佐町久礼(くれ)で約230年の歴史を持ち、

まさにカツオに合うお酒を醸しているに

違いありません。

今回は3種類のひやおろしの中から、

「辛口純米+10 久礼ひやおろし」

を飲んでみました。

同じ「ひやおろし」でも、純米吟醸、及び

普通の純米酒がありますが、今回は+10度

という超辛口の純米を飲んでみました。

 

辛口純米ひやおろしの裏ラベル

 

味の特徴

16度のアルコール度数があり、とても切れの良い

さすが+10度のドライです。

+10度いうことで、米の旨さから来るかすかな

甘さの他は、スーと飛んでいく切れの良い辛口です。

フルーティな純米吟醸とは異なり、きっと鰹のタタキや

赤身系の刺身、和食全般にとてもよく合うと思います。

このお酒は、晩酌の開始に飲む食前酒としても、

漁師町の食事に合う、食中酒としても、いろいろ楽しめる

お酒ではないでしょうか。

熟成した『ひやおろし」のイメージとは、だいぶ異なる

ドライなお酒です。

酒屋さんの宣伝文に、冷やしてもぬる燗でも楽しめる

と書いてあったので、ぬる燗でも飲んでみました。

ぬる燗、あるいは常温で飲むと、本来のこのお酒の

切れと熟成のバランスが感じられ、うまいです。

色、香り

久礼の純米辛口は、薄い琥珀色で、通常の

ひやおろしよりは薄い色に見えます。

フルーティな香りが立つことはあまりなく、

あくまでもドライです。

これは食べ物を邪魔せずに、食中酒として

楽しめることを意味します。

データ

日本酒度:+5.0

酸度:1.7

原料米:松山三井

原材料:米・米麹

精米歩合:60%

アルコール度数:16

醸しの説明

日本最後の清流四万十川の伏流水と、原料米

松山三井で仕込み、3月に出来上がった新酒を

1年中温度が安定する洞窟で貯蔵しました。

洞窟で夏を越したお酒は、静かに熟成し、

新酒の荒々さが消え丸みのある味に変化します。

 

説明のしおり

他の種類の久礼ひやおろし

西岡酒造のひやおろしには、通常の純米酒

ならびに、純米吟醸が用意してあります。

比較としては、純米吟醸はとてもフルーティで

華やかな吟醸香があります。

しっかりしたコクと切れの良いスッキリした

喉越しもあり、こちらも食前、食中酒で楽しめます。

どこで買えるのか

このお酒は、近くの酒屋にない場合は、

ネットショッピング買えます。

720mlの場合、 送料別で、1240円です。

同じく、純米吟醸もあり、1512円です。

お酒をネットで購入する時の工夫

地方の美味しい酒は近くの酒屋さんでは

売っていないことが多いです。

私は、ポイントサイト経由で楽天で、

クレジットカードを使って買います。

ポイントサイトのポイントと、楽天のポイントと、

さらにカードのポイントが貯まるので、

ポイントが3倍お得です。

おすすめポイントサイトはこちら

⬇︎

賢い人のお得なサイト | ハピタス

ポイントは電子マネーや、ANA/JALのマイルに

交換しています。

元気シニアでした。

<ご注意> ここでの評価は、日常の晩酌で飲むことを前提に、あくまでも個人の味覚、感想をもとにしております。また、お酒は生ものですから、同じ作り手の同じ種類のお酒でも、その年、飲む環境、飲む季節によっても変化します。あくまでも、参考として、ご理解ください。

 - Daily Sake at Home, Enjoying Sake, Japanese Rice Wine Tasting, 日常生活 体験, 日本酒, 晩酌