元気に生きようシニアの生活ブログ

*

晩酌日記 | 熟成直後のフレッシュ感 | 甘さと酸味とキレ | コスパ最高、お薦めのひやおろし

      2017/10/21

秋田の有名な純米吟醸、ゆきの美人

フレッシュな「愛山麹ひやおろし」

を秋口に飲んでみました。

シュワっとした酸味が、とても良いです。

今年の秋のオススメひやおろしです。

コスパも最高にいいです。

はじめに

晩酌は、日本酒の旨味を味わい尽くすもの。

食前にちびちびとやるのもよし、

食べながら、ぐいぐい、行くのも良し。

酒の旨さを色々楽しみたいものです。

今回は、フレッシュなひやおろしで

北国秋田からの純米吟醸ゆきの美人

「愛山麹ひやおろし」を秋の初めの

10月に味わいました。

純米吟醸 ゆきの美人

ゆきの美人は秋田市の酒蔵、秋田酒造が

醸すお酒です。

ゆきの美人といえば、貴醸酒にはまっている人も

多いと思いますが、今回は、熟成直後のひやおろしを

楽しんでみました。

 

ゆきの美人純米吟醸愛山麹ひやおろし(720ml)

 

味の特徴

愛山麹ひやおろしのラベル表示

 

16度のアルコール度数があり、+5ですから

基本はとても切れの良いお酒です。

でも、このお酒の特徴は、かすかな発泡感ですね。

密閉栓になっていて、開けるとシュッと音がします。

口に含むと、かすかなシュワっとして発泡感があり、

心地の良い酸味が口に広がります。

甘さは控えめの熟成で米の甘さはしっかり

感じます。

フルーティーな吟醸香はそれほど高くないが、

切れと酸味と、甘さのバランスが程よい熟成加減です。

フレッシュです。

このお酒は、晩酌の開始に飲む食前酒としても、

旨い肴を少しいただく食中酒としても、

いろいろ楽しめます。

3日くらい冷蔵庫でおいても、フレッシュ感は

そのまま保たれています。

この酸味を楽しみながら切れと熟成のバランスを

ぜひ味わってほしいですね。

うまいです。

色、香り

 

ゆきの美人:色は薄い琥珀色

 

薄い琥珀色で、通常のひやおろしよりは

薄い色に見えます。

スポンサーリンク

データ

産地:秋田県秋田市

造り:純米吟醸

原料米:愛山 20% , 秋田酒こまち 80%

精米歩合:55%

日本酒度 +5

アルコール度 16%

 

醸しの説明

秋田酒造はマンションの1階が製造場

という小さな蔵元です。

小さいながらも、最新鋭の設備で仕込み蔵の

空調温度管理を理想的な状態に保ち、年間を

通して醸造を可能にしているということ。

仕込み水は秋田屈指の軟水、大平山の湧水を

往復2時間かけて汲みに行き、秋田酒こまち、

山田錦、愛山を使い分けていろいろな種類の

酒造りを行っているということです。

どこで買えるのか

このお酒は、近くの酒屋にない場合は、

ネットショッピング買えます。

720mlの場合、 送料別で、1458円(税込)です。

まとめ

2017年の秋の初めに楽しむ、ひやおろしの

コストパフォーマンスを考えたトップの

お薦めです!

甘すぎずに、フレッシュ!

楽しんでください。

お酒をネットで購入する時の工夫

地方の美味しい酒は近くの酒屋さんでは

売っていないことが多いです。

私は、ポイントサイト経由で楽天で、

クレジットカードを使って買います。

ポイントサイトのポイントと、楽天のポイントと、

さらにカードのポイントが貯まるので、

ポイントが3倍お得です。

おすすめポイントサイトはこちら

⬇︎

賢い人のお得なサイト | ハピタス

ポイントは電子マネーや、ANA/JALのマイルに

交換しています。

元気シニアでした。

<ご注意> ここでの評価は、日常の晩酌で飲むことを前提に、あくまでも個人の味覚、感想をもとにしております。また、お酒は生ものですから、同じ作り手の同じ種類のお酒でも、その年、飲む環境、飲む季節によっても変化します。あくまでも、参考として、ご理解ください。

スポンサーリンク

 - Daily Sake at Home, Enjoying Sake, Japanese Rice Wine Tasting, 日常生活 体験, 日本酒, 晩酌