元気に生きようシニアの生活ブログ

*

Googleから警告 安全のため どう対応すればいいか

   

「他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました 」という警告がGoogleから来ました。

どうすればいいでしょうか?

対応するべき安全対策と、パスワード忘れたなどのトラブルに対処するには?

google-485611_1920

スポンサーリンク

はじめに

昨日、突然に、Googleから私のGoogle Mailアカウントにちょっとドキッとするメールが来ました。

タイトルは「他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました」というちょっとびっくりする内容です。

私のGoogleアカウントが乗っ取られる危険があるということで、安全のために、すぐパスワードの変更を行う必要があります。

実際に行った、その手順を示します。

また、もし仮に、パスワードがどうしても不明な時の対応方法も、様々なケースを示します。

第1ステップ

メールは以下のような内容です。

まず、パスワードを使用した行為が、自分のものであるのか、怪しい端末が、自分のものであるのか、確認します。

複数の端末を持っている時に、自分では意識しないで使っていることもありますので。

ただし、以下のメールからわかるように、私の場合は、日本にいるのに、米国でアクセスしているので、ちょっとあり得ません。

VPNを使って米国サーバーを使った場合はあるかもしれませんが。

まずは、赤枠の”今すぐ端末を確認する”をクリックします。

(クリックだけで遷移するためには、MailアプリがHTMLを表示する設定になっていることが必要です)

 

 

googlemail

 

第2ステップ

端末を確認する画面が下図のように出てきます。

 

terminalcheck2

 

やはり身に覚えのない不明な端末なので、右上の「アカウントを保護する」をクリックします。

 

第3ステップ(現在のパスワード入力と、新しいパスワード入力)

現在のパスワードを入力するように求められますので、入力します。

passoriginal

スポンサーリンク

この後に、新しいパスワードを入力する画面に遷移しますので、新規のパスワードを2回入力して、パスワードのリセットを行い、終了となります。

このステップの後は、自分が使う他のデバイスからアプリを初めて使う時には、一度だけ、新しいパスワードが要求されます。

これで、Googleアカウントのセキュリティは新しいパスワードで強化されたことになります。

もし現在のパスワードが不明な場合

ステップ3で、現在のパスワードが、万が一、不明な場合は、どうすればいいか。

画面で、「お困りの場合」をクリックします。

passoriginal3

すると、登録した携帯電話に、メッセージを送信するモードに変わり、受信したコードを入力することで、認証が進み、新しいパスワード入力画面に推移します。

その他に、別のメールアドレスなど、確認コードを送ることで、認証が勧めるような手段も用意されています。

あるいは、別の質問に答えるという選択肢もあり、セキュリティ保護用の質問に答える形で、認証する道もあります。

まとめ

私のGoogleアカウントに対する、見知らぬ端末からのログイン試行は、これで2回目です。

最初は2年くらい前に、ユーロッパで見知らぬ端末からログインしようとしてGoogleにブロックされ、今回は米国でログインしようとしてブロックされました。

Googleの監視、ブロックシステムは、きちんと動いているようです。

今のところはすぐにパスワードを変更したので、安心です。

問題はパスワードがどんどん長くなっていくことです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 - インターネット, 情報セキュリティ