元気に生きようシニアの生活ブログ

*

配当控除 | 株の配当金の確定申告? 申告すると税金が戻る場合あり

      2018/02/21

e-Taxで確定申告をしようとして、

ふと疑問に思ったのが、株の配当金

をどうするのが一番いいのか?

確か分離課税で源泉徴収されているはず。

今までは、確定申告したことはないですが。

それが本当にいいのか?

改めて調べてみました。

(2018年2月に追記)

はじめに

株は持っているけれど、売買するわけでもなく、

とりあえず保有して配当金を少し得ている、

そんなシニアの方もいると思います。

私、元気シニアも、あまり売買することはなく、

ほったらかしにしているズボラなタイプです。

そういう人は、割と税金対策にも疎い方です。

今回、e-Taxを入力していて、ふと気になって

調べたところ、実は課税所得が少ない人

(例えば我々のようなシニア世代)は

源泉徴収された株の配当の税金が、

申告で戻ってくる可能性があるようです。

配当金から源泉徴収される税額が最近は

平成26年から高くなっているので、

その効果は結構大きいかもしれません。

そもそも株による税金は

株式投資での利益には当然、税金がかかります。

株の利益は、主に「譲渡益(売却益)」と

「配当金」の2つです。

「譲渡益(売却益) 」 は他の所得と合算しない

「申告分離課税」が原則。

一方、「配当金」は、源泉徴収で

確定申告しないこともできますが、

確定申告して総合課税とすることも可能。

証券会社で株を管理している例

普通の人は、証券会社で株を保有しますが、

「特定口座」が一般的です。

この場合は、証券会社が年間の損益等を計算して

「特定口座年間取引報告書」を作成します。

さらに、特定口座には、2種類あります。

「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」で、

後者は源泉徴収は行わず、自分で確定申告します。

私、元気シニアは、最も簡単な、「源泉徴収あり」

のパターンで株を保有しています。

その場合、配当金が支払われるときに、

所得税(15.315%)と住民税(5%)が

源泉徴収され、申告不要です。

これを申告不要制度といいます。

株の配当に対する税率は?

平成25年まで、配当金・分配金に関しては、

税率10%台が適用されていました。

平成26年以降は、20%台となっています。

正確には、復興特別所得税が上乗せされ、

所得税15.315% + 住民税5%=20.315%

となっています。

ずいぶん税率が高いですね。

配当金に関連する節税対策

大株主とかは別にして、我々庶民がやれる

節税対策の主なものは以下の2つの方策です。

譲渡損失との通算(申告分離課税)

配当金は、確定申告で申告分離課税を選択すると、

上場株式等の譲渡損失と損益通算が可能です。

つまり株の売買をして損をした人は、配当金と

相殺ができ、税金を減らすことが可能となります。

配当控除(総合課税)

株の売買をしていない人、または売買しても、

損をしていない人にとっては、

確定申告で総合課税を選択することにより、

配当金を控除することが可能です。

所得金額によって変わりますが、配当金に

一定率を掛けた金額が税額から控除されます。

配当控除で誰でも税金が戻ってくるのか?

確定申告をして、配当控除の適用を受けても、

税金が戻るためには、配当金を含む課税所得が

ある金額を超えていないことが必要です。

課税所得金額によって、所得税・住民税の税率から

配当控除の控除割合を差し引いたものが、

源泉徴収された税率より低くなるからです。

つまり総合課税を選択することで、納めすぎた

税額の還付が受けられます。

その金額の目安は年間の課税所得330万円です。

それ以下の人は税金が多めに戻ってくるでしょう。

なお、所得が695万円以下の場合でも

戻ってくる可能性があります。

国税庁ホームページ参照

国税庁ホームページから

スポンサーリンク

どのくらい税金が戻ってくるのか

配当が10万円の場合、10,000円程度戻る感じです。

配当がそこそこあって、控除後の課税所得が

330万以下の方には、それなりに意味のある

減税効果になるでしょう。

※上記は、実際の計算は、個人で状況が違うし、

住民税の計算もあるので、詳しくは

税務署に最新の情報をご確認してください。

配当金を6万円受け取ったとして、

支払うべき所得税を試算してみましょう。

源泉徴収の場合に収める税金

・所得税および復興特別所得税: 15.305%

・6万円×15.305%=9183円

確定申告(総合課税)の場合

所得税および復興特別所得税:10.21%なので

・6万円×10.21%=6126円

さらにここから配当金の10%の額を配当控除をすると

・6126円-6万円×10%=126円

となります。

なお、住民税は配当収入の2.8%の控除です。

住民税は地方自治体から別に還付されます。

 

スポンサーリンク

確定申告の入力で確かめる

一番確実なのは、実際にWebで確定申告の

入力をしてみて、配当を総合課税する場合と、

配当を申告しない場合とで比較してみることです。

証券会社から送られてくる、特定口座年間取引報告書を

参照して、やってみてください。

確定申告作成コーナー

実際に、私、元気シニアの場合は、約5万円の配当に対し、

総合課税の申告で、約5,000円の減税となりました。

関連記事: 確定申告 配当金を総合課税にする/税金が戻るかチェック

確定申告は、難しいと思っている?

フリーランスの方は特に、確定申告で

戻ってくる税金があると思います。

毎年、2月16日から3月15日までが

申告書の提出期間です。

ちょっとした準備で簡単にできます!

簡単なツールで無料で開始する方法もあります。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

まとめ

頑張って働く若者や、普通の年金生活のシニアは

いろいろ控除後の課税対象所得は年間で

330万円以下になる人は多いでしょう。

株の配当があるのであれば、確定申告を

検討して節税を狙いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

元気シニア

後日談あり(2017年7月追加)

E-taxでの申告を終了した後、6月になって

税務署から書類が届きました。

E-tax申請時に省略していた、源泉徴収証や、医療費、

などのすべての領収書を提出するように、ということでした。

その結果、間違いを指摘されるのではないかと、

内心、心配して提出した結果、、、、、、、、

詳しくは、こちらの記事税務署職員はとても親切だった)を。

 - E-Tax, 日常生活 体験, 確定申告, 税金