元気に生きようシニアの生活ブログ

*

ヤマト運輸 料金改定 値上げと割引/新サービス | 賢く対応する方法

   

宅配便最大手のヤマト運輸の

料金が改定されることに。

改定に合わせて新たな割引も始まる

ようなのでまとめてみました。

はじめに

ヤマト運輸の宅配便の料金が

27年ぶりに改定ということです。

基本は値上げなのですが、同時に

労働時間の短縮を考慮した、配達時間、

受付時間などの改定もあります。

また、新たな割引制度も始めるようなので、

よく調べて対応していきたいと思います。

改定の内容

 

(1)宅急便基本運賃の改定(2017年10月1日から)

宅急便の基本運賃が値上げになります。

値上げ額は、発送地域と、荷物サイズによって

変わります。

値上げ幅は、40円から180円の間ですね。

発送地域が四国/九州/沖縄でない場合(税抜き)
サイズ 四国/沖縄宛て それ以外の地域宛て
60 +40円 +140円
80 +40円  +140円
100 +60円  +160円
120 +60円  +160円
140 +80円  +180円
160 +80円  +180円
発送地域が四国の場合
サイズ 四国/九州宛て それ以外の地域宛て
60 +140円 +40円
80 +140円  +40円
100 +160円  +60円
120 +160円  +60円
140 +180円  +80円
160 +180円  +80円
発送地域が九州の場合
サイズ 沖縄宛て それ以外の地域宛て
60 +40円 +140円
80 +40円  +140円
100 +60円  +160円
120 +60円  +160円
140 +80円  +180円
160 +80円  +180円
発送地域が沖縄の場合
サイズ 沖縄県内宛て それ以外の地域宛て
60 +140円 +40円
80 +140円  +40円
100 +160円  +60円
120 +160円  +60円
140 +180円  +80円
160 +180円  +80円

 

(サイズの数字は、荷物の3辺の長さの合計(cm))

また宅急便コンパクトの運賃は変わりません。

実際の運賃については、ヤマト運輸の

ホームページをご覧になり確認してください。

こちら

なお、発送地域別の料金は以下で確認できます。

レジャー用品の運賃変更(値上げ)

レジャー用品の大型化に対応するためということで、

スキー、ゴルフ宅急便の値段が上がります。

スキーは1400サイズ運賃であったのが、

160サイズの運賃になります。

東京から信州にスキーを送る場合、

今までは税抜きで1,500円であったのが、

10月1日からは1,880円になるようです。

スーツケースも上限の運賃が値上げされる予定。

(2)再配達の受付締め切り時間の変更

これに関しては、10月1日の改定に先行して、

2017年4月24日から、当日再配達受付

締め切り時間の繰上げが行われました。

例えば、配達当日の再配達の受付は

20時まで電話で受け付けていましたが、

労働環境の改善のため、19時までと

なりました。

現在は、再配達の受付締切時間は

以下のようになっています。

受付締切時間 2017年4月24日以降 (2017年/4月/23日まで)
インターネットの場合 18時40分  (19時40分)
専用電話(自動受付) 18時40分  (20時)
サービスセンターへ電話 19時  (20時)
 ドライバーへ電話 19時  (20時)

 

(3)配達時間帯指定枠の変更

さらに、2017年6月19日から、

配達時間帯指定枠の変更が実施されています。

従来6区分あったのが、5区分になりました。

大きな違いは、昼の時間帯(12時から14時)

が無くなりました。

これはドライバーが、お昼の休憩を

取れるように労働環境を改善するため

ということです。

また、20時から21時の枠を、19時から21時に

変更しました。

その結果、以下のようになりました。

時間指定枠 時間帯
午前中(〜12時)
14時から16時
16時から18時
18時から20時
19時から21時

スポンサーリンク

(4)付加価値サービス料金

クール宅急便、宅急便タイムサービス、超速宅急便、

など付加料金については変更ありません。

新たな割引の始まり

27年も値上げされていないし、

配達する人の労働時間を考えると、

ある程度の値上げはやむをえない

と言う感覚は正直あります。

一方、労働時間を減らせるような工夫で、

新しい割引制度も恥あるようなので、

新しい割引で賢く使うことも、

考えていきたいですね。

お得に使える新たな割引・新サービス

10月1日から新たな割引やサービスが開始

されるようなので、チェックしておきたい。

人手を削減できるようなサービスを増やし、

その分、料金を割り引くという考え方なので、

ちょっとした手間で割引が受けられれば、

積極的に利用したいものです。

(1)デジタル割:50円割引

これは、ヤマト運輸直営店の店頭端末「ネコピット」を使う

サービスで、この端末で発行したデジタル送り状を利用すると

荷物1個につき50円割引きとなります。

(2)直営店持込割引:150円割引き

現行の持ち込み割引きは100円ですが、それに加えて、

クロネコメンバーズの会員がヤマト運輸直営店に

持ち込んだ場合、さらに50円割引きとなります。

(3)宅配便センター直送サービス(仮称):50円安い

届け先を自宅ではなく、ヤマト運輸直営店

(宅急便センター)

に指定した場合は、通常の宅急便運賃より

50円お得なサービスが開始される予定。

今後の利用戦略

以前からあるヤマト運輸の宅配便割引サービスに

加えて上記の新しい割引を組み合わせることを

考えたほうがいいのではないでしょうか。

従来サービスと、新たな割引を組み合わせると

クロネコメンバーズの方は

運賃の10〜15%割引と、1個あたり

200円〜250円の割引を受けることが

可能となります。

メンバーでない場合も、1個あたり、

200円から250円の割引が可能。

以前からあるサービスをおさらい

(1)クロネコメンバー割

ヤマト運輸で使える電子マネー「クロネコメンバー割」を

5,000円チャージして宅急便発送時に利用すると、

10%割引が適用されます。

(50,000円チャージすると15%割引)

(2)持ち込み割

ヤマト運輸の直営店(配送センター)、取扱店、

またはコンビニに、直接持ち込むと、1個につき

100円を割引します。

まとめ

宅配便ドライバーたちの過酷な労働については

解消するべきと思うので、ある程度の料金アップと

サービスの変更はやむをえないと思います。

その分、新しい割引サービスを頭に入れて、

ちょっとした手間で、賢く割引を活用して

宅配便を使いたいものです。

元気シニア

スポンサーリンク

 

 - 日常生活 体験