元気に生きようシニアの生活ブログ

*

シニアの晩酌日記 | 一ノ蔵 | 特別純米生酒 ふゆみずたんぼ

      2017/06/06

一ノ蔵といえば、宮城県の著名な酒蔵です。

そこからイメージするのは寒い冬に仕込まれる

旨い酒ですが、今宵の晩酌は「初夏のイメージ」。

はじめに

晩酌とは、食事を美味しくいただくために、

お酒でまず喉を潤し心をリラックスさせる

一つの作法のようなものではないでしょうか。

旨いお酒を少し味わい、旨い肴も、少し味わい、

ともに活かすもの。

さて、今宵の晩酌は、宮城県の酒蔵「一の蔵」から

の夏の贈り物、「特別純米生酒ふゆみずたんぼ」。

5月中旬の初夏の晩酌で至福の味を楽しみました

ので紹介します。

一ノ蔵

最初に”一ノ蔵”を知ったのは、若い頃ですが、宮城県に

住んでいた頃です。

古くから宮城県にある4つの酒蔵が、昭和48年に

合同で興したのが一ノ蔵です。

浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店が

新しい蔵を作り、できるだけ手づくりの仕込みを残した

高品質の酒を造りたいということで誕生したそうです。

一ノ蔵の酒造りに興味ある方は —> こちら

「特別純米生酒ふゆみずたんぼ」とは

新緑から夏の時期に楽しむことを想定して

低温熟成して出荷されるフレッシュな

味わいの生酒です。

冬に仕込まれ、春先に搾られたお酒は、

夏を迎える頃には熟成が進み、やわらいで

まるみをおびてきます。

原料は有機米ササニシキを100%使用。

お米は環境を保全する「ふゆみずたんぼ」農法で

作られているので、お酒の名前にこの農法が

入っています。

 

一ノ蔵特別純米生酒ふゆみずたんぼ

(720ml)

 

全体評価

味と香り、色

すっきりとした甘さがまず感じられ、

少しだけですが、熟成感もあり、

米の甘さ、香りと清涼感がミックスで

感じられます。

優しくさわやかな存在感のある味です。

個人的には、食前酒として、この味を

じっくり楽しんみたい、美味なお酒です。

 

色は、薄めの琥珀色になります。

 

薄い琥珀色のお酒です

スポンサーリンク

合う酒の肴は

これだけ品質が高いと、和食はもちろん、

洋食、チーズや肉料理でも合わせることができます。

若干の甘み、酸味、苦味がある方が、より良く合います。

一つのオススメは、ホヤの塩辛で、一ノ蔵のHP

でも紹介されていますね。

個人的には、海産物が合うと思います。

こんぶ、ワカメの海藻類、そして初夏といえば、

カツオの刺身、タタキなど、最高ですね。

ワカメの和え物

 

一ノ蔵特別純米生酒のデータ

– 蔵元:株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市松山)
– 原料米:有機米ササニシキ(宮城県田尻産)
– 精米歩合:55%
– 日本酒度:-1~+1
– アルコール分:17%台

 

コスト・パフォーマンス

こんなに美味しくて、気になる値段ですが、

720mlで税込1,646円です。

(送料は別)

個人的には1,200円くらいに抑えたいところですが、

この味わいですから、納得のコスト・パフォーマンス

と言えます。

興味ある方は、
こちら

父の日のプレゼントには、一升瓶でもいいかもしれません。
1800mlはこちら

 

毎日は飲めないですが、時々は飲みたい、

飲むというよりは、味わいたい、お酒です。

父の日に美味しいお酒プレゼントはこちら

まとめ

食前酒としての楽しみもあり、

うまい海の幸を楽しむ晩酌にも最適、

どちらにしても、晩酌で楽しめる、最高の

品質です。

初夏の日本酒としては、お薦めのトップ3に入ります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

元気シニア

<ご注意> ここでの評価は、日常の晩酌で飲むことを前提に、あくまでも個人の味覚、感想をもとにしております。また、お酒は生ものですから、同じ作り手の同じ種類のお酒でも、その年、飲む環境、飲む季節によっても変化します。あくまでも、参考として、ご理解ください。

スポンサーリンク

 

 - Daily Sake at Home, Enjoying Sake, Japanese Rice Wine Tasting, 日常生活 体験, 日本酒, 晩酌