元気に生きようシニアの生活ブログ

*

シニアの晩酌日記 | 佐渡の純米酒を楽しむ | 天領盃 生原酒 しぼりたて

   

久しぶりにデパ地下のお酒コーナーに立ち寄り

珍しいお酒を見つけてその味を楽しむことができました。

はじめに

デパ地下の酒屋さんで、たまたま見つけたお酒が

素朴な味で食中酒として素晴らしかったです。

新潟県佐渡島のお酒で、今回初めて飲みました。

ラベルが非常に可愛いデザインなのが目について

衝動買いしたのですが、味も大変旨かったです。

生原酒なのでフレッシュで芳醇ですが、甘さを抑えた

米の味がするお酒です。

天領盃 生原酒 しぼりたて

お酒の名前は、「天領盃 生原酒 しぼりたて」です。

この可愛いラベルのデザインに惹かれて買いました。

ラベルの図柄は、佐渡島の正月に新年の家内安全と

五穀豊穣を願って、神棚に飾る切り紙だということです。

天領盃生原酒しぼりたて

 

でもデザインだけでなく、このお酒は、水がうまい、

米もうまい、佐渡島の自然環境の中で醸される、

素晴らしいお酒でした。

造り手は、佐渡島の天領盃酒造になります。

精米、麹作り、仕込みに於ける品質管理など

酒造りの工程をきちんと管理する、高品質な

お酒を目指す酒蔵のようです。

味の特徴

お酒をいただいたのは、2018年2月でした。

瓶詰めは同じく2月なので、本当に瓶に詰めた直後です。

口に入れると香りはひかえめで、フレッシュ感はありつつ、

甘みが少なく、口当たりが柔らかでとろりとしています。

吟醸酒のようなフルーツ系の香りはないですが

お米の旨みを感じさせる生原酒です。

重すぎず、どんな食事でも、邪魔しないバランスです。

データ

麹米:5百万石

精米歩合:65%

日本酒度: 0〜+2

度数:17度

酸度:1.25~1.45

酒のつまみは

さっぱりしたものから、濃厚な味まで、

なんでも合います。

今回の晩酌では、鉄板焼の後半で飲みましたが、

赤ワインの後に、イカの鉄板役などに合わせても問題なし。

何に違和感もなく食事ができます。

コストパフォーマンス

この味で、720ml瓶で1,620円(税込)です。

吟醸ではないのにこの値段は、安くはありませんが

このバランスのよい酒の旨さを楽しめれば、OKでしょう。

まとめ

佐渡のお酒、「天領盃 生原酒 しぼりたて」は、

どこか懐かしい、昔からの日本酒の旨さを感じます。

ちなみに、すぐに品切れになってしまうようなので、

見つけたらすぐ買うようにしたいですね。

楽天での購入

 

シニア元気

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - Daily Sake at Home, Enjoying Sake, Japanese Rice Wine Tasting, 日本酒